2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 
 
 
 
 
 
 
柿渋とは?

渋柿の実が青い時期にちぎり、絞った汁を発酵、熟成させたものです。                    
昔から木・布・紙などの染料や補強剤・防腐剤・防水剤として使われてきました。                    
血圧降下剤・やけど・しもやけ・二日酔い防止・蜂、蛇などの毒の中和や                    
お酒の清澄剤としても利用されてきました。                    
天然素材として近年再注目され、衣類に染色、建築で塗装と、幅広く活用されています。

                    


【使用用途】
染色・塗装など

【柿渋の効果・効能】
古くから消臭・抗菌・防腐・防虫・防水作用があると言われています。
材防腐剤・合板・MDFなどから発生する人体に有害なホルムアルデヒドなどの
化学物質を吸着する効果もあります。(シックハウス対策)

【柿渋染めの特徴】
草木染めの分類ではあるが、他の草木染めと比較しての特徴。
1.火を使用せずに染色が可能。
2.日光に当てても色あせしていかない。むしろ酸化促進されて発色していく。
3.繊維を凝縮し、強靭な皮膜を形成するので、生地が丈夫になる。
4.消臭・抗菌効果が優れている。
5.塗料としても使用できる。



柿ZANMAIではこの柿渋を使って週末に柿渋染め体験をしたり、染色・塗装依頼を受けております。
ご興味のある方はぜひご連絡ください。

柿渋染め体験受付ページ